アトレティコ、GKオブラクがファインセーブ連発も… ビルバオに逆転負けでスーペルコパ準決勝敗退

アトレティコ

 スーペルコパ・デ・エスパーニャ準決勝が13日に行われ、アトレティコ・マドリードとアスレティック・ビルバオが相対した。

2022年初クラシコは延長戦にもつれ込む死闘に!バルベルデ決勝弾でレアルがスーペルコパ決勝進出

 昨シーズンのラ・リーガ王者アトレティコと、スーペルコパ前回王者ビルバオによる好カード。前半がアトレティコが押し気味に進めスコアレスで折り返すと、後半に攻撃が身を結ぶ。61分に左CKを獲得し、トマ・ルマールが左足でクロスを供給。ジョアン・フェリックスが頭で合わせると、右ポストに直撃したボールがGKウナイ・シモンに当たり、ゴールに吸い込まれアトレティコが先にスコアを動かす。

 リードを得たアトレティコだったが、その後はビルバオの猛反撃に苦戦する。77分に、CKからジェライ・マルティネスのヘディングシュートを打たれ同点弾を献上。81分には再びCKからルーズボールを途中出場ニコ・ウィリアムスに拾われ、左足で流し込まれ失点を許してしまう。試合終了間際にはホセ・ヒメネスが危険なプレーで一発退場となり、1-2でアトレティコが逆転負けを喫しスーペルコパ準決勝敗退となった。

Photo Quality Sport Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる