ミランが逆転勝利でコッパ・イタリア準々決勝進出!フィオレンティーナは計3人退場の荒れ試合制す

 コッパ・イタリアのラウンド16が13日に実施され、ナポリとフィオレンティーナが激突。ACミランがジェノアとの一戦に臨んだ。

ミラン、ケア今季絶望で今冬にCB補強を画策 マンCで燻るアケーに関心

ナポリ vs フィオレンティーナ
 2度のリードを得るものの、前半と後半終了間際にナポリに追い付かれたフィオレンティーナ。それでも延長戦に突入すると、延長前半アディショナルタイムにロレンツォ・ヴェヌーティがネットを揺らし、108分には試合前日に加入したばかりのクシシュトフ・ピョンテクがデビュー戦でゴールを決める。119分にも追加点を挙げ、フィオレンティーナが最終スコア5-2で計3人の退場者を出す荒れ試合を制した。

ACミラン vs ジェノア
 アンドリー・シェフチェンコ監督率いるジェノアに先制点を喫したミランは、74分にオリビエ・ジルーが同点弾を挙げ、90分が終了し試合は延長戦に入る。すると102分に、途中出場のラファエウ・レオンのクロスがそのままゴールに吸い込まれ逆転に成功。112分にはアレクシス・サーレマーケルスがダメ押し弾を沈め、ミランが3-1で勝利しベスト8進出を決めた。

Photo Emilio Andreoli

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる