前田大然がデビュー戦でいきなりゴール!セルティックが2発完封で新年白星スタート

 スコティッシュ・プレミアシップ第21節が17日に開催され、セルティックがハイバーニアンと対戦した。

セルティックがサプライズ補強!前田大然、井手口陽介、旗手怜央の3選手を獲得

 元旦に日本人選手を一挙に3人獲得するサプライズ補強を行ったセルティック。ウィンターブレイク明けの今試合では、前田大然と旗手怜央が早速スタメンに名を連ね、井手口陽介がベンチ入りを果たした。新加入選手のプレーに注目が集まる中、開始4分に高い位置でボールを奪いトム・ロギッチがラストパスを供給。フリーで待っていた前田がペナルティエリア中央から右足で流し込み、デビュー戦でいきなり得点を挙げる。

 勢い付くセルティックは24分ごろ、リエル・アバダがペナルティエリア内で相手DFのハンドを誘発しPKを獲得。キッカーを務めたヨシプ・ユラノビッチがゴール右隅に流し込み、セルティックが25分に追加点をゲットする。74分には旗手に代わり井手口がピッチに立ち、今冬移籍した日本人選手が全員デビュー。セルティックが2発快勝で、新年白星スタートを切った。

Photo Ian MacNicol

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる