チェルシー、CLリール戦が中立地開催に変更か フランスのワクチン実質義務化で入国困難に

 フランスのコロナウイルス感染対策の強化により、UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメントのチェルシーとリールの一戦は中立地開催の可能性が浮上している。

CLラウンド16異例の再抽選!アトレティコはマンU、PSGはレアルと対戦に

 コロナウイルスの新規感染者が連日30万人を超えるフランスは、ワクチン接種を実質的に義務化する「ワクチンパス」を導入。健康上の理由を除いて接種を完了していない16歳以上の人は飲食店や公共施設などを利用できず、フランス国内に入国するスポーツ選手もワクチン接種が義務付けられた。チェルシーは3月にCL決勝トーナメントの2ndレグを控えているが、フランスのコロナウイルス感染対策の強化によりワクチン未接種の選手は入国不可に。さらに2月に開催予定のパリ・サンジェルマンとレアル・マドリードのビッグマッチも、中立地で行われるかも知れない。

 Photo Soccrates Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる