ジョッタが勝利に導く2ゴール!リバプール、冨安復帰のアーセナル下しカラバオカップ決勝へ

 カラバオカップ準決勝2ndレグが20日に行われ、冨安健洋のアーセナルと南野拓実のリバプールが対戦した。

南野スタメンのリバプール、ジャカ退場のアーセナルとスコアレスドロー

 ホームで行われた1stレグではスコアレスドローに終わったリバプール。敵地エミレーツ・スタジアムでの一戦は南野がベンチ入りし、アーセナルはケガから復帰した冨安がスタメンに名を連ねた。序盤は拮抗した展開が続いた一戦は、20分に敵陣中央の左で受けたディオゴ・ジョッタが冨安を交わしペナルティアーク内に進入。右足を振り抜くとGKの逆を突いてゴールに吸い込まれ、リバプールが貴重な先制点を奪取する。

 リードしてゲームを折り返したリバプールは、後半に入り南野を投入して前線のさらなる活性化を図る。すると77分に、トレント・アレクサンダー=アーノルドが裏のスペースに浮き球のパスを供給。ジョッタが抜け出し、冷静にループシュートを沈め点差を広げる。試合終了間際にはアーセナルのトーマス・パーテイが退場となり、最終スコア2-0で勝利したリバプールが決勝進出を成し遂げた。

Photo Mike Hewitt

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる