ロリスがトッテナムと2024年まで契約延長!クラブ在籍年数が10年越えに

 トッテナム・ホットスパーのユーゴ・ロリスは、クラブと新たに2024年まで契約延長を締結した。

ロリスがトッテナム上層部と交渉開始 コンテ監督は契約延長に自信「残ってくれると信じている」

 2012年8月にリヨンからトッテナムに加入したロリスは、今シーズンいっぱいで契約が満了となり半年を切った今冬の移籍市場では他クラブと自由交渉が可能に。そんな中ロリスはトッテナム上層部と話し合いを進め、クラブ在籍年数が10年を超える2024年までの契約更新を締結した。トッテナムのアントニオ・コンテ監督は先月に、ロリスがクラブにとって重要な存在だと語っている。「ユーゴはチームのキャプテンであり、フランスのキャプテンであり、トップGKについて話をしている。彼は素晴らしいGKだし、長年このクラブに在籍していて常にチームのために大きな貢献をしてきた」。

Photo Visionhaus

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる