リバプールが3発白星で2022年無敗キープ!冨安欠場のアーセナルは痛恨のスコアレス

 プレミアリーグ第23節が23日に行われ、冨安健洋のアーセナルがバーンリーと対戦。南野拓実のリバプールがクリスタル・パレスの敵地に乗り込んだ。

【PLプレビュー】アーセナルが元旦以来のリーグ戦!南野拓実はパレス戦2試合連発弾なるか

アーセナル vs バーンリー
 元日ぶりにリーグ戦に臨むアーセナルは、冨安が負傷で欠場となり右サイドバックはベン・ホワイトが務めた。バーンリー戦では過去18試合で1回しか敗れていないアーセナルはボールを支配し、完全にゲームの主導権を握る。しかしフィニッシュの場面で精度を欠き、最後までネットを揺らすことができずタイムアップ。アーセナルがスコアレスドローに終わり、公式戦4試合勝利なしとなった。

リバプール vs クリスタル・パレス
 ロンドン勢との対決で勝利から遠ざかっているリバプールは、開始2分にCKからフィルジル・ファン・ダイクのヘディング弾でいきなり先制に成功。32分には、アレックス・オクスレイド=チェンバレンが追加点を挙げる。後半にパレスに1点を返されたリバプールは試合終了間際、ファビーニョがPK弾を沈めて勝負あり。リバプールが3-1でパレスを下し、公式戦3連勝を飾った。

Photo Mike Hewitt

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる