レバンドフスキの連続得点ストップも… バイエルンが4発白星でリーグ2連勝

 23日にブンデスリーガ第20節が実施され、バイエルン・ミュンヘンがヘルタ・ベルリンと相対した。

レバンドフスキが今季リーグ2度目のハット!バイエルンが4発圧倒で2022年初白星

 2位ボルシア・ドルトムントから追走に遭いながら、勝ち点を積み重ね首位を維持するバイエルン。今節ではヘルタ相手に試合を優位に進め、25分にキングスレー・コマンがクロスを上げ、コランタン・トリソがヘディングで先制点を挙げる。45分には右サイドで獲得したFKからヨシュア・キミッヒがクロスを送り、トーマス・ミュラーが左足で流し込む。

 2点リードを得てゲームを折り返したバイエルンは、後半に入ってもハイプレスでヘルタに圧を掛け続け、75分にGKのパスを奪ったレロイ・ザネが追加点をゲット。4分後には抜け出したセルジュ・ニャブリが落ち着いてネットを揺らす。ヘルタに1点を返され、ロベルト・レバンドフスキの連続得点がストップしたものの、バイエルンが4-1でリーグ2連勝を果たした。

Photo Maja Hitij

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる