【アフリカ杯】サラー率いるエジプトが準々決勝進出!PK戦の末強敵コートジボワールを下す

 26日にアフリカネーションズカップ決勝トーナメント1回戦が開催し、コートジボワールとエジプトが対戦。マリが赤道ギニアとの一戦に臨んだ。

【アフリカ杯】サラー擁するエジプトが完封勝利で決勝T進出!ナイジェリアは全勝でGS首位通過

コートジボワール vs エジプト
 開始早々にクロスバー直撃のシュートを放つなど序盤は攻勢に出ていたエジプトは、時間が経つにつれコートジボワールに押し込まれる展開に。それでも、決死の守備で最後までゴールを与えず、スコアレスで勝負はPK戦に委ねられる。両チーム最初の2人が成功した3人目、先攻コートジボワールのエリック・バイリーが失敗。エジプトは5人目モハメド・サラーまで全員が成功し、PKスコア5-4で勝利し準々決勝進出を決めた。

マリ vs 赤道ギニア
 激戦区グループEを勝ち抜いた赤道ギニアは、マリの両サイドバックが高い位置を取る厚みのある攻撃に苦戦。それでも、イエローカード覚悟のプレーでゴールマウスを守り切り、スコアレスドローで延長戦まで終了しPK戦に突入する。最初の5人で2人ずつ失敗しサドンデスに入ると、後攻マリ8人目のシュートをGKがファインセーブ。PKスコア6-5で、激闘を制した赤道ギニアがベスト8にコマを進めた。

Photo Visionhaus

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる