ポグバ復帰のマンUがまさかのFAカップ4回戦敗退… PK戦の末2部ミドルスブラに敗北

 FAカップ4回戦が4日に行われ、マンチェスター・ユナイテッドが2部ミドルスブラと対戦した。

マクトミネイが開始8分に先制弾!マンUがビラに辛勝しFAカップ4回戦進出

 アーセナルに次いで2番目に多いFAカップ優勝回数を誇るマンUは、昨年11月から右太ももの大腿四頭筋の負傷で離脱していたポール・ポグバが復帰を果たした。ミドルスブラ相手に攻勢に出るマンUは、ペナルティエリア内でポグバが倒されてPKを獲得。クリスティアーノ・ロナウドがキッカーを担当するものの、右足で放ったシュートは枠を捉えきれず先制のチャンスを逃す。

 それでもマンUはPKから5分経った25分ごろ、裏のスペースに抜け出したジェイドン・サンチョがペナルティエリア左からシュートを放ち、DFに当たってコースが変わったボールがゴールに吸い込まれる。後半に入ってもマンUがペースを握っていたが、64分にミドルスブラに一瞬に隙を突かれ同点弾を献上。1-1で90分が終了し、延長戦でも決着がつかず勝負の行方はPK戦に委ねられる。

 冬の寒空に冷たい雨が降り注いだオールド・トラフォードでのPK戦。前半に外していたC・ロナウドが今度は確実に沈めるなど、両チーム一歩も譲らず最初の5人が成功し、サドンデスに入る。すると先攻ミドルスブラの8人目が決め、後攻マンUのキッカーを務めたアンソニー・エランガが痛恨の失敗。PKスコア7-8でマンUがジャイアントキリングを喰らい、まさかの4回戦となった。

Photo James Gill – Danehouse

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる