ビルバオ、ホームでの1stレグで勝ち切れず… バレンシアに追い付かれ痛み分けのドロー

 コパ・デル・レイ準決勝1stレグが10日に実施され、アスレティック・ビルバオがホームにバレンシアを迎えた。

レアル、要塞サン・マメスで散る… ビルバオに完封負けで国王杯ベスト8敗退

 バルセロナやレアル・マドリードを下し4強まで進出したビルバオ。2年連続で取りこぼしたコパのトロフィーを手にするため、本拠地サン・マメスが攻勢に出る。37分に左サイドでFKを獲得すると、イケル・ムニアインがクロスを供給。ラウール・ガルシアが頭で合わせ、ビルバオが先取点を奪取する。すると得点後から両チームがヒートアップしていき、ラフプレーが目立つ展開に。

 前半終了直後にはベンチ入りしていたバレンシアのマキシ・ゴメスが退場処分になるなど混沌した状況で後半に入ると、ビルバオが押し込まれる場面が増える。すると65分にバレンシアが畳み掛け、ブライアン・ヒルのシュートをGKフレン・アギレサバラが弾き、こぼれ球をウーゴ・ドゥロが押し込みビルバオが同点弾を献上。最終スコア1-1で、1stレグは痛み分けのドローに終わった。

Photo Soccrates Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる