【CLプレビュー】5年ぶりラウンド16進出のベンフィカ 絶好調アヤックスに打ち勝つ高難易度ミッションに挑戦

 グループステージでバルセロナを上回り、決勝トーナメント進出を果たしたベンフィカ。国内外で絶好調のアヤックスとの対戦では、ホームでの結果がカギを握るだろう。

CLラウンド16異例の再抽選!アトレティコはマンU、PSGはレアルと対戦に

マッチプレビュー
ベンフィカ
・両者が最後に対戦したのは2018-19シーズンのグループステージで、ベンフィカはアムステルダムで1-0で勝利し、リスボンで1-1の引き分けに終わっている。
・1968-69シーズンのヨーロピアンカップ準々決勝でも同カードは実現しており、ベンフィカはアムステルダムでの1stレグで3-1で勝利すると、2ndレグは1-3で敗れ再試合に。パリで行われたリプレイでは延長戦の末、アヤックスに0-3で敗北した。
・ヤン・フェルトンゲンは2006年まで2012年までアヤックスに所属し、通算220試合28ゴールを記録。エールディビジ2回やオランダカップ2回の優勝を経験すると、2012年にはリーグ年間MVPに選ばれている。

アヤックス
・今シーズンのグループステージでアヤックスは、強豪を薙ぎ倒し6戦全勝を達成。CL史上GS全勝は8チーム目となり、バイエルン・ミュンヘンが唯一トロフィー獲得まで漕ぎつけた。
・アヤックスは1971-72シーズンのヨーロピアンカップ準決勝でベンフィカと対決し、シャーク・スワルトが2試合で唯一のゴールを挙げ、そのまま駆け抜け同大会で優勝を達成した。
・セバスティアン・アレは、今シーズンのGSで10ゴールを記録しロベルト・レバンドフスキを1得点上回りリーグトップに。GS全試合に出場した選手で得点ランク首位に位置したのは、2017-18シーズンのクリスティアーノ・ロナウド以来2人目となる。

Photo Soccrates Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる