バルセロナが4発勝利でELベスト16進出!ドルトムントは無念のプレーオフ敗退

 UEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメントのプレーオフ2ndレグは24日に行われ、バルセロナがナポリと対戦。ボルシア・ドルトムントがレンジャーズの敵地に乗り込んだ。

運命のナポリ戦に臨むバルセロナ シャビ監督「クラブのレベルが試される」

ナポリ vs バルセロナ
 ホームでの1stレグでは引き分けに終わったバルサは、開始8分にロングカウンターからジョルディ・アルバがいきなり先制点をゲットすると、5分後にはフレンキー・デヨングが追加点を挙げる、ナポリにPKで1点を返されるものの、45分にジェラール・ピケが再びリードを広げ、59分にピエール=エメリク・オーバメヤンがダメ押し弾を沈め勝負あり。4-2で勝利したバルサが、2戦合計5-3でELベスト16進出を決めた。

レンジャーズ vs ボルシア・ドルトムント
 勝ち抜くには3ゴール以上が必要のドルトムントは、22分にレンジャーズにPKで先制点を許してしまう。猛反撃に出るドルトムントは31分に、ジュード・ベリンガムが同点弾を奪取し、42分にはドニエル・マレンがネットを揺らす。しかし、57分に再びジェームズ・タバーニアに決められて万事休す。2-2の引き分けで終了し、2戦合計4-6でドルトムントが無念のプレーオフ敗退となった。

Photo Francesco Pecoraro

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる