インテル、燻っていた攻撃陣が躍動!ラウタロのハット含む5発でサレルニターナに圧勝

 セリエA第28節が4日のフライデーナイトに行われ、インテルがホームにサレルニターナを迎えた。

首位ミランがリード守り切れずドロー 燻るインテルは降格圏ジェノアとスコアレス

 公式戦4試合連続ゴールレスと、自慢の得点力が鳴りを潜めるインテル。それでも今試合では、鬱憤を晴らすようにゴールラッシュを披露する。22分にニコロ・バレッラがスルーパスを送り、裏のスペースに抜け出したラウタロ・マルティネスが先制点をゲット。さらに40分には再びバレッラのお膳立てから、ラウタロが追加点を挙げる。

 後半に入っても止まらないラウタロは56分、エディン・ジェコが右サイドからグラウンダーのクロスを供給すると、ラウタロが右足で合わせハットトリックを達成する。相方に呼応するようにジェコも輝きを放ち、64分にロビン・ゴセンスのクロスを押し込み追加点。5分後には、再びネットを揺らしてドッピエッタ(1試合2得点)を成し遂げる。攻撃陣が躍動したインテルが、5-0で圧勝した。

Photo Francesco Pecoraro

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる