【PLプレビュー】カップ戦で下部クラブに敗れ意気消沈のトッテナム… 休養十分のアーセナルは残留争うワトフォードと

 FAカップで下部リーグ相手に後塵を拝し、アントニオ・コンテ監督の進退がいよいよ厳しくなってきたトッテナム・ホットスパー。1週間以上の試合間隔により休養十分のアーセナルは、敵地てワトフォードと激突する。

トッテナム、延長戦の末2部ミドルスブラに屈しFAカップ敗退… マンCは2発快勝で8強入り

トッテナム・ホットスパー vs エバートン
・トッテナムはエバートンとのリーグ戦で、過去18試合で敗れたのは昨シーズンに喫した1回だけだ(8勝9分)。
・アントニオ・コンテ監督はエバートンとのプレミアで5戦無敗(3勝2分)。全試合でクリーンシートを成し遂げており、コンテより同一チームに無失点を保っている監督は、ウィガンに達成したロベルト・マンチーニのみである(対ウィガン7試合)。
・ソン・フンミンはプレミア直近11試合で10得点に関与している(6ゴール4アシスト)。

ワトフォード vs アーセナル
・アーセナルはワトフォードとのプレミア直近15試合全てで得点を挙げている。ワトフォードより高い得点率を残している相手はWBAだけだ。
・エミール・スミス・ロウは今シーズンのプレミアで9ゴールを決め、チームのトップスコアラー。21歳以下の選手では、1998-99シーズンのニコラ・アネルカ以来のアーセナルの選手で二桁得点達成の可能性がある。
・ロイ・ホジソン監督の下、ワトフォードはプレミア6試合で3度クリーンシートを成し遂げていて、これは4人の異なる監督が過去38戦で記録した数字と同数に。ただゴールは、ここ6試合で2つに留まっている。

Photo Richard Heathcote

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる