リバプール、アンフィールドで完封負けも… 2戦合計でインテルを上回りCLベスト8進出

 UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグが8日に行われ、リバプールがホームにインテルを迎えた。

【CLプレビュー】敵地で完勝のリバプール、本拠地アンフィールドにインテルを迎え撃つ

 敵地ジュゼッペ・メアッツァではクリーンシートで勝利を収めたリバプール。アドバンテージを持ち帰って臨む本拠地アンフィールドでの一戦は、ケガで出場が危ぶまれていたチアゴ・アルカンタラやジョエル・マティプがスタメンに名を連ねた。両チームとも球際での激しいプレスで相手に自由を与えない中、リバプールはセットプレーからマティプがクロスバー直撃のヘディングシュートを放つなどチャンスを創出する。

 しかし先にスコアを動かしたのはアウェイのインテル。61分に高い位置でボールを奪うと、最後はラウタロ・マルティネスがペナルティエリア手前の左から右足を振り抜き、ゴール右隅に突き刺す。それでも、63分に転機が到来。アレクシス・サンチェスが2枚目のイエローカード受け退場処分となり、リバプールが数的優位に。その後はリバプールがインテルに追加点を許さず、0-1で敗れるも2戦合計2-1でベスト8進出を決めた。

Photo Michael Regan

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる