ユベントスが吉田所属のサンプドリアに3発勝利 ミランはウノゼロで首位キープ

 セリエA第29節が12日に実施され、ユベントスが吉田麻也が所属するサンプドリアと対決。ACミランがエンポリとの一戦に臨んだ。

ミランが頂上決戦を制し暫定首位浮上!ユベントスは“ウノゼロ”でリーグ14戦負けなし

サンプドリア vs ユベントス
 シーズン序盤の停滞を忘れさせる好調ぶりを維持しスクデット獲得に望みをつなぐユーベ。23分にファン・クアドラードがペナルティエリア右からグラウンダーのクロスを送ると、吉田のOGを誘発する。畳み掛けるユーベは、32分にアルバロ・モラタがPK弾をゲット。84分にサンプドリアに1点を返されるものの、4分後にモラタがドッピエッタ(1試合2得点)を達成し、ユーベが2-1でリーグ3連勝を果たした。

ACミラン vs エンポリ
 上位対決を制すなど勝負強さを見せ優勝争いで一歩リードするミランは、19分にペナルティエリア手前の右からFKを獲得し、オリビエ・ジルーがシュートを放つ。これは壁に当たるものの、こぼれ球をピエール・カルルがペナルティエリア手前の中央から左足で流し込む。虎の子の1点を守り切ったミランが、華麗なるウノゼロで勝利を手にした。

Photo Getty Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる