「ネイマールは天才。メッシは宇宙人。C・ロナウドは毎日…」アルトゥールが共演したスーパースター達を語る

 ユベントスのブラジル代表MFアルトゥールは、現代サッカー界のレジェンドと過ごした日々を振り返った。

C・ロナウドは文化人⁉︎ モラタが感銘受けたエピソード明かす「物知りなおじさんみたい」

 アルトゥールはキャリアの中で、クリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシ、さらにネイマールと共にプレーする稀有な経験を積む。特にC・ロナウドのストイックぶりには驚いたようで、ブラジル『TNTスポーツ』で「彼はサッカー選手というよりアスリートだね」と様々なエピソードを明かしている。「ピッチだけでなく外でも彼はストイックなんだ。よく働き、よく食べ、毎日15分は太陽を浴びている。プロフェッショナルであると同時に、サポートもしてくれる優しい人さ。周りの人々にも関心をもっているんだ。一緒に食卓を囲んだ時、僕たちの皿を見て、“そんなんじゃだめだ”って言うんだよ」。

 またブラジル代表でネイマールと同僚のアルトゥールは、「僕が代表チームに入ったとき、最も助けてくれた人の一人。いつも一緒に行こうって言ってくれた」と代表チームでのサポートを回顧。「彼と友達になれたのは光栄なことだね。ネイマールは彼だけが持っている才能だ。彼もまた、ヨーロッパに来て成長したんだ。プレッシャーがあればあるほどいいプレーをする。彼は天才だ。ピッチ上でやることが天才的なんだ」。

 さらにアルトゥールはバルセロナ時代にメッシと短いながら良好な関係を築き、同選手をこれ以上にないほど絶賛している。「メッシは…神が選ばれた人だと指をさしたような選手だ。宇宙人さ。だってフィールドで信じられないことをするんだから。試合中はフィールド全体を見れるけど、メッシだけは上からフィールドを見ている感じだ。控え目でありながら積極的でもある。偉大なプロフェッショナルで、勤勉に努めている。僕がバルサに来た時もとても助けてくれた。移籍したばかりの頃、インタビューで僕のことを高く評価してくれたんだ。彼と一緒に仕事できたのは光栄なことだったよ」。

 Photo Chris Ricco

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる