チェルシーがCLベスト8進出!プリシッチ&アスピリクエタ弾でリールを撃破

 UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦が16日に開催し、チェルシーがリールと対戦した。

【CLプレビュー】絶体絶命のリール CLで勝利した事がないチェルシーに一矢報いたいが…

 ロシアのウクライナ侵攻によりオーナーのロマン・アブラモビッチ氏がイギリス政府から制裁を科され、アウェイ遠征費が制限されたチェルシー。先行き不透明の中、今試合では38分にリールにPKで先制点を許してしまう。それでも前半アディショナルタイムに、抜け出したクリスティアン・プリシッチが右足で流し込み、チェルシーが追い付き試合を折り返す。

 後半に入ると逆転を狙おうと前方向への意識が高くなるリールに対し、チェルシーは敵陣でパスを回しボールを支配。両サイドのライン上まで広く使った展開でリールのプレスをいなす。すると71分に左サイドを崩し、メイソン・マウントがペナルティエリア左脇からクロスを供給。逆サイドから走り込んできたセサル・アスピリクエタが右足で合わせ、チェルシーが2-1で勝利。2戦合計4-1でベスト8進出を決めた。

Photo John Berry

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる