【PLプレビュー】連敗は避けたいアーセナル… トッテナムは中断前にロンドン勢対決に臨む

 ミッドウィークのビッグマッチでは敗れたものの、トップ4フィニッシュに確かな手応えを感じたアーセナル。その勢いを止めないためにも、連敗だけは避けたいところだ。一方ハリー・ケインが本来のポテンシャル発揮するトッテナム・ホットスパーは、中断前にウェストハム・ユナイテッドと相対する。

アーセナルがアザールをサプライズ補強⁉ すでにレアルと接触か

アストン・ビラ vs アーセナル
・アーセナルはアウェイでのビラ戦で12勝しており、リーグ戦でこれより多いのはウェストハムだけだ(13勝)。
・今シーズンのリーグ戦アウェイでは最初の8試合でわずか2勝だったが(1分5敗)、直近では4連勝中。アウェイ5連勝となれば、2015年5月ぶりの快挙だ。
・ビラのフィリッペ・コウチーニョはアーセナル戦で4得点を決めており、プレミアでどの相手よりもネットを揺らしている。さらに4得点中3ゴールは、敵地エミレーツ・スタジアムで成し遂げた。

トッテナム・ホットスパー vs ウェストハム・ユナイテッド
・トッテナムはウェストハムとのリーグ戦ホームで、直近19試合でわずか2敗(10勝7分)。2013年10月と2019年4月に喫した黒星だけだ。
・今シーズンのトッテナムはロンドン・ダービーで7戦5敗となっており(2勝)、2004-05シーズンに次いでワーストの成績に(7敗)。今シーズンのロンドン勢対決の中で、どのチームよりも勝ち点が少ない。
・ハリー・ケインはウェストハムとのホームゲームで6試合8得点を挙げていて、プレミアでのホーム戦で特定の相手に決めた最多得点となっている。

Photo Shaun Botterill

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる