チェルシー退団が囁かれるリュディガー… 獲得レースにユベントスが参戦

 チェルシーのアントニオ・リュディガー獲得を巡り、プレミアリーグの複数クラブとユベントスが監視している。

リュディガー代理人が他クラブと交渉開始 レアル、PSG、バイエルンが獲得に名乗り

 今シーズンいっぱいでチェルシーとの契約が満了となるリュディガーは、残留と移籍のどちらもオープンな姿勢を貫く。ただロシアのウクライナ侵攻によりイギリス政府がオーナーのロマン・アブラモビッチ氏に制裁を下し、チェルシーは選手との新契約締結が禁止となっている。そんな中、レアル・マドリードやパリ・サンジェルマンがリュディガーの代理人と接触。マンチェスター・ユナイテッドに加え最近ではユーベも動向をチェックしており、今夏の移籍市場で激しい争奪戦が予想される。チェルシーもオーナーシップの解決に尽力を注いでいて、今夏までに決着がつくかで大きく左右されるだろう。

Photo Justin Setterfield

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる