夏の移籍が囁かれるハーランド 友人ウーデゴーに助言求める

 ボルシア・ドルトムントのアーリング・ハーランドは、ノルウェー代表で同僚のマーティン・ウーデゴーに移籍に関してアドバイスを求めたようだ。

ハーランドが自身の去就に口を開く「前に進む時が来た」

 21歳ハーランドは今夏の移籍市場で最も注目される選手で、レアル・マドリードやバルセロナ、さらにマンチェスター勢が激しい獲得レースを展開。ドルトムントと2024年まで契約を残すハーランドは今夏に7500万ユーロ(約98億円)の放出条項が発生し、ビッグディールの実現が囁かれる。

 そんな中ハーランドは、ノルウェー代表で共にプレーするウーデゴーに、移籍に関して助言を求めたよう。ウーデゴーは2015年にレアルに移籍してから複数のクラブを渡り歩き、現在はアーセナルで活躍するなど経験豊富。ノルウェーがスロバキアやアルメニアとの親善試合を控える中ウーデゴーは、「僕たちはいい友達だからいろんな話をするよ。だからまぁその事(移籍について)も話すね。特別な事じゃないよ」と伝えている。

Photo Trond Tandberg

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる