ハキミがわずか1年でPSG退団か…ポチェティーノ監督の起用法に不満

 モロッコ代表DFアシュラフ・ハキミは、わずか1年でパリ・サンジェルマン退団を望んでいるようだ。

PSGが積極補強!2026年までの長期契約でハキミを獲得

 PSGは今シーズン最重要事項に挙げていたUEFAチャンピオンズリーグ優勝が泡沫に消え、チーム全体が失意のどん底に。今夏に抜本的な改革が囁かれており、マウリシオ・ポチェティーノ監督や複数選手の退団が噂されている。そんな中フランス人ジャーナリストのダニエル・リオロ氏は『RMC スポーツ』で、ハキミも退団を望んでいると言及。ポチェティーノ監督の起用法に不満を示しており、ドレッシングルームでは南米出身の選手たちと会話すらしていないと伝えた。ただPSGもハキミ残留に尽力し、今夏に監督を交代して説得に試みるだろうとリオロ氏は述べている。

Photo Tim Clayton – Corbis

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる