W杯予選POはエジプトが先勝!サラーのシュートがOG弾を誘発

 FIFAワールドカップのアフリカ予選プレーオフ1stレグが行われ、エジプトがセネガルと対戦。アルジェリアがカメルーンとの一戦に臨んだ。

セネガルがアフリカ杯初優勝!PK戦の末サラー擁するエジプト下す

エジプト vs セネガル
 モハメド・サラーとサディオ・マネによるリバプールのエース対決で注目を集めた同カードは、開始4分にゴール前でパスを受けたサラーが左足でシュートを放つ。これはクロスバーに直撃するものの、跳ね返ったボールがDFに当たってゴールに吸い込まれ、いきなり先取点を挙げる。結局この1点が決勝弾となり、エジプトが1-0でセネガルに先勝した。

カメルーン vs アルジェリア
 1月に行われたアフリカネーションズカップでは辛酸を舐めたアルジェリアは、40分に左サイドからFKを獲得しユセフ・ベライリがクロスを供給。イスラム・スリマニがヘディングシュートを放つと、GKの手を弾いてゴールに吸い込まれる。その後はカメルーンの猛反撃に遭うアルジェリアだったものの、虎の子の1点を守り切りタイムアップ。1-0で勝利したアルジェリアがW杯出場に大手をかけた。

Photo Getty Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる