プホルスが11年ぶりにカージナルス復帰へ モリーナの現役ラストイヤーに1年250万ドルで合意

「セントルイス・ポスト・ディスパッチ」のデリック・グールド記者によると、カージナルスはドジャースからFAとなったアルバート・プホルスと1年契約を結ぶことで合意したようだ。グールド記者は身体検査後に契約成立が正式発表される見込みであることを伝えている。プホルスはカージナルスをワールドシリーズ制覇に導いた2011年シーズン終了後にFAとなり、エンゼルスへ移籍。ドジャースを経て、11年ぶりにカージナルスへ復帰することになった。

 現在42歳のプホルスは昨季エンゼルスとドジャースで合計109試合に出場して打率.236、17本塁打、50打点、OPS.717を記録。17本塁打中13本は左腕から放ったものであり、対左腕に限れば打率.294、OPS.939という好成績を残していた。目標とする通算700本塁打まであと21本、ハンク・アーロンが持つ歴代最多打点記録の更新まではあと148打点に迫っている。

 カージナルスは名捕手ヤディアー・モリーナが今季限りでの現役引退を表明しており、アダム・ウェインライトも女房役のモリーナとともにユニフォームを脱ぐ可能性が高いとみられている。その節目のシーズンにプホルスを呼び戻すことになった。対左腕用のDHや代打要員が主な役割になることが予想されているが、「レジェンド」の再集結により、モリーナの現役ラストイヤーは大いに盛り上がりそうだ。

【追記】メジャーリーグ公式サイトのマーク・フェインサンド記者は、カージナルスとプホルスが1年250万ドルで合意したことを伝えている。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる