セネガルがエジプトとのPK戦を制しW杯出場!カメルーン、モロッコ、ナイジェリアらが本戦へ

 29日にFIFAワールドカップのアフリカ予選プレーオフ2ndレグが実施され、本選出場チームが決定した。

W杯予選POはエジプトが先勝!サラーのシュートがOG弾を誘発

セネガル vs エジプト
 1stレグでは完封負けを喫したセネガルは、開始4分にFKからいきなり先制点をゲット。その後は2戦合計1-1で延長戦に突入するも決着がつかず、勝負の行方はPK戦に委ねられる。すると後攻エジプトがモハメド・サラーなど4人中3人が失敗し、先攻セネガル5人目サディオ・マネが成功したことにより、PKスコア3-1でセネガルが激闘を制した。

モロッコ vs コンゴ
 ホームで圧倒するモロッコは、21分にアゼディン・ウナヒのスーパーミドルで先制点を奪うと、前半アディショナルタイムに追加点をゲット。54分にウナヒが再びネットを揺らし、69分にアシュラフ・ハキミが決定的なゴールを決めて勝負あり。モロッコが4-1で完勝し、2大会連続6回目の出場権を手にした。

アルジェリア vs カメルーン
 アフリカの強豪国同士による注目カードは、22分にカメルーンのマキシム・シュポ=モティングがゴールを奪取。2戦合計で同点となり延長戦に突入すると、アルジェリアがネットを揺らした直後にカルル・トコ・エカンビが値千金の得点を挙げる。2-2の同点で終了するも、アウェイゴール差でカメルーンが2大会ぶり8回目の本選出場を果たした。

Photo Visionhaus

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる