プレミアリーグが5人交代制を再導入!ほぼ全てのクラブが賛成票を投じる

 プレミアリーグは来シーズンから1試合5人交代制を導入し、夏の移籍市場の日程を発表した。

5人交代制が恒久化へ IFABが3月の会議で採用の見込み

 先月31日に行われプレミアリーグ全20クラブの株主総会で、5人交代制のルール変更に過半数以上が賛成票を投じる。5人交代制は当初コロナウイルスの蔓延により2020年5月から導入されたが、2020-21シーズンと今シーズンには3人交代制に戻り、株主総会の度に再導入を提案するも反対票が多く実現しなかった。

 またプレミアリーグは夏の移籍市場を6月10日からオープンし、締切日を9月1日の午後11時に設定。さらにコロナウイルスの検査は、月曜日から症状がある者だけ実施すると発表した。プレミアリーグは声明で、「各クラブは交代選手に関連するルールに合意した。来シーズンから5人の交代選手を使うことができ、試合中に3回、ハーフタイムに1回交代を実施できる」と発表。「またコロナウイルス対策も更新し、4月4日以降リーグは選手とスタッフに対する週2回の検査を廃止し、症状がある者だけ別の検査に移行する予定だ」と伝えている。

Photo Catherine Ivill

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる