リバプールが2発白星でプレミア10連勝!マンCは2戦ぶり勝利で次節の天王山へ

 プレミアリーグ第31節が2日に行われ、リバプールがワトフォードと対戦。マンチェスター・シティがバーンリーの敵地に乗り込んだ。

【PLプレビュー】熾烈な首位攻防戦を演じるリバプールとマンC 次節の直接対決前に勝利なるか

リバプール vs ワトフォード
 代表期間明けのランチタイムキックオフだったこともあり序盤は押し込まれたリバプールは、徐々に盛り返し22分に右サイドからジョー・ゴメスがクロスを送り、ディオゴ・ジョッタが頭で合わせる。リードを維持するリバプールは試合終了間際、CKからジョッタがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。89分にファビーニョがゴール左隅に沈め、リバプールが2発白星でプレミア10連勝を達成した。

バーンリー vs マンチェスター・シティ
 バーンリーと相性のいいマンCは開始5分、浮き球のパスに反応したラヒーム・スターリングがペナルティエリア内で落とすと、ケビン・デ・ブルイネが右足を振り抜きいきなり先取点を奪う。さらにマンCは25分に、再びスターリングのお膳立てからイルカイ・ギュンドアンが追加点をゲット。マンCが2発快勝で首位をキープし、次節天王山に臨む。

Photo Clive Brunskill

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる