チェルシーがまさかの4失点大敗…マンUはレスターと痛み分けのドロー

 2日にプレミアリーグ第31節が開催し、チェルシーがブレントフォードと激突。マンチェスター・ユナイテッドがホームにレスター・シティを迎えた。

【PLプレビュー】今節のチェルシーはミドル弾連発の予感? トップ4遠のくマンUは苦手レスターと

チェルシー vs ブレントフォード
 今シーズンはロンドン勢対決で好成績を残しているチェルシーは、後半開始間もない48分にアントニオ・リュディガーがスーパーミドルを沈める。しかし直後の50分にブレントフォードに同点に追い付かれ、4分後にクリスティアン・エリクセンに移籍後初ゴールを献上。その後も60分と87分に失点を喫したチェルシーが、1-4で大敗となった。

マンチェスター・ユナイテッド vs レスター・シティ
 スコアレスで折り返したマンUは63分に、レスターのケレチ・イヘアナチョに先制点を許してしまう。それでも3分後、巧みなターンで前を向いたブルーノ・フェルナンデスがシュートを放つと、GKが弾いたボールにフレッジが反応。左足で押し込み、マンUがスコアをタイに戻す。その後は互いに追加点は生まれず最終スコア1-1で痛い分けのドローに終わった。

Photo Harriet Lander/Copa

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる