首位ミランが手痛いスコアレス…2位ナポリと1ポイント差に縮まる

 4日にセリエA第31節が開催し、ACミランがボローニャとのマンデーナイトマッチに臨んだ。

ミランがオリギに急接近 近日中に契約成立か

 リーグ3戦連続ウノゼロで勝利と、スクデット獲得に必要な勝負強さを披露しているミラン。インターナショナルウィーク明け一発目の一戦は、イタリアのファッションブランド「ネーメン(NEMEN)」とコラボレーションした第4キットを着用して挑んだ。主導権を握りたいミランだったが、リーグ4戦未勝利のボローニャに押し込まれ、後手に回る展開が続く。

 それでも後半に入り積極的にミドルシュートを放ち流れを手繰り寄せるミランは、オリビエ・ジルーに代えズラタン・イブラヒモビッチを投入。しかしイブラヒモビッチは、ゴール前でDFと頭部同士が衝突し流血するアクシデントに見舞われる。30本以上のシュートを打ったミランだったが最後まで得点は生まれず、スコアレスドローで2位ナポリとの勝ち点差が1に縮まった。

Photo Marco Luzzani

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる