【CLプレビュー】チェルシーが2季連続レアルと激突!カンテが再び違いを生むか

 UEFAチャンピオンズリーグ王者チェルシーが、2シーズン連続でレアル・マドリードと激突。前回対戦ではエヌゴロ・カンテが違いを作ったチェルシーは、再び同じシナリオを描きたいところだ。

チェルシー、CLやFA杯でチケット購入が可能に 英政府がライセンスを改定

欠場者情報
チェルシー
・前十字靭帯損傷のベン・チルウェルと負傷が続くカラム・ハドソン=オドイは、直前のトレーニングを欠席し出場はほぼ不可能に。一方で、直近リーグ戦を欠場していたクリスティアン・プリシッチは練習に復帰している。

レアル・マドリード
・コロナウイルスで陽性反応を示したカルロ・アンチェロッティ監督は、ロンドン遠征に帯同せず。右足腓骨の骨結合板除去手術を行なったエデン・アザール、イスコやルカ・ヨビッチは負傷のため欠場の予定だ。

マッチプレビュー
・2シーズン連続CLで同カードが実現。チェルシーが再び勝ち上がれば、レアルを2回以上決勝ラウンドで敗退させた最初のイングランド勢となる。
・チェルシーは欧州の大会で、スペイン勢に直近8試合無敗を維持している(4勝4分)。
・トーマス・トゥヘル監督が就任して以来、チェルシーはCL15試合中10戦でクリーンシートを達成しており、全チームの中でも最多の数字だ。
・レアルは欧州の大会でチェルシーに一度も勝利したことがなく、同一の相手に最も長く白星を挙げられていない(2分3敗)。
・レアルがイングランド勢とのアウェイ戦に勝利したのは、2014-15シーズンのリバプール戦まで遡る。以降は5試合連続で勝てていない(2分3敗)。

監督&選手コメント
トーマス・トゥヘル監督:チェルシー
「このようなクオリティとセンス、経験を持つチームは特別な機会を創り出せるというのを意識しなければならない。私たちにとっても特別な機会であり、だからこそ興奮しているよ」。

クリスティアン・プリシッチ:チェルシー
「昨年は良い結果を残せたし、今年も同じようにしたい。CLのノックアウトラウンドは簡単ではないけれど、昨シーズン全勝したのを考えれば自信を持てるはずだ」。

ティボー・クルトワ:レアル・マドリード
「昨シーズンの対戦と今回では状況が異なると思う。ファンもいなかったし、準決勝の段階だった。僕たちはみんな状態が良く、何がかかっているのかも分かっている。正しいインセンシティを示せば、勝つことができるんだ」。

Photo Clive Rose

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる