ビジャレアルが大金星!序盤の奇襲が奏功しバイエルンを下す

 6日にUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグが開催し、ビジャレアルがホームにバイエルン・ミュンヘンを迎えた。

【CLプレビュー】更なる高みを目指すビジャレアル ドイツ王者バイエルンと真っ向勝負

 下馬評を覆し、ラウンド16では強豪ユベントスを退けたビジャレアル。今試合でも戦前の予想ではバイエルンが圧倒的優位と言われる中、ビジャレアルが奇襲を仕掛ける。開始8分にジェラール・モレーノとのパス交換でジオバニ・ロ・チェルソがペナルティエリア右からクロスを送ると、ダニエル・パレホが右足で合わせる。これをGKの目の前でアルノー・ダンジュマがコースを変え、ビジャレアルがいきなりスコアを動かす。

 バイエルンの出鼻を挫いたビジャレアルは、その後も押し込まれる場面こそあるものの、少ないチャンスで確実にゴール前で進入。前半終了間際のフランシス・コクランのゴールはオフサイドで取り消しとなるものの、追加点の可能性を匂わせバイエルンの動きを鈍らせる。後半に入ってもバイエルンに失点を与えず、ビジャレアルが1-0で大金星を挙げた。

Photo David Ramos

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる