エバートン、逆転負けで降格が現実味…敵将は率直な意見「彼らは勝ち方を知らない」

 エバートンは降格の可能性が現実味を帯び、残留争い演じる敵将から厳しい言葉が投げかけられた。

エバートン、降格圏と3ポイント差も…ランパード監督は残留に自信「状況は好転する」

 ミッドウィークにプレミアリーグ第19節延期分バーンリー戦に臨んだエバートンは、先制を許すもリシャルリソンのPK弾2発でリードを得る。しかしその後バーンリーに押し込まれ、最終スコア2-3で逆転負けを喫した。18位バーンリーと勝ち点1差となり17位エバートンの降格が現実味を帯びる中、敵将ショーン・ダイチ監督は辛辣な意見を述べている。

「私たちが降格圏にいる事もあり、それがどの様なものかも知っているし、毎シーズン私たちにとって厳しい局面があった。説明するのは難しいが、私はハーフタイムに“エバートンは勝ち方が分かっていない。特にアウェイでの勝利は知らないようだ”と言って選手を鼓舞した。勝つためにはより質の高いプレーで前進し、よりアグレッシブになる必要がある。パスや前線への進入は上手くいかなかったが、3ゴールを決めたのは満足している」。

Photo Clive Brunskill

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる