ドルトムントが3試合ぶり白星!ブラント2発で遠藤&伊藤スタメンのシュツットガルトを撃破

 8日にブンデスリーガ第29節が開催し、ボルシア・ドルトムントが遠藤航と伊藤洋輝のシュツットガルトと対戦した。

レアル移籍の下準備?ハーランドがアディダスとスポンサー契約締結

 2試合勝利から遠のき、躓いていた首位バイエルン・ミュンヘンとの差を縮める事に苦労するドルトムント。今試合では、開始6分にジョバンニ・レイナがいきなり負傷交代となり、不穏な空気が漂う。それでも12分に、アーリング・ハーランドがペナルティエリア左からラストパスを送ると、レイナと代わって入ったユリアン・ブラントが先制点をゲットする。

 リードして試合を折り返したドルトムントは、遠藤と伊藤が先発出場したシュツットガルトを攻め立てる。71分に自陣から素早く前線にボールを運ぶと、ブラントがマルコ・ロイスとのパス交換でフリーとなり、ペナルティエリア手前の右から右足を振り抜く。ドッペルパック(1試合2得点)を達成し、ドルトムントが2-0で3試合ぶりの白星を手にした。

Photo Matthias Hangst

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる