レッズの有望株ハンター・グリーンがデビュー戦白星 速球は平均99.7マイル、100マイル以上20球

【レッズ6-3ブレーブス】@トゥルイスト・パーク

 2017年ドラフト全体2位指名でレッズに入団した注目のプロスペクト、ハンター・グリーン(レッズ)がついにメジャーデビュー。2本塁打を浴びるなど3点を失ったものの、5回92球を投げて被安打4、奪三振7、与四球2、失点3の力投で記念すべきメジャー初勝利をマークした。メジャーデビューした若き右腕をレッズ打線も援護し、3回表に一挙5得点。ブレーブス先発のイアン・アンダーソンを3回途中でノックアウトし、開幕4連戦を2勝2敗で終えた。

 1回裏を2つの三振を含む三者凡退に抑えたグリーンは3回までノーヒット投球。5点リードの4回裏無死2・3塁からマーセル・オズナの犠飛で1点を失い、5回裏にはトラビス・ダーノウに1号ソロ、マット・オルソンにも1号ソロを浴びたが、5回4安打3失点で勝利投手となった。フォーシーム56球は平均99.7マイルを記録し、うち20球が100マイル以上。最速は101.6マイルだった。

 レッズ打線は3回表にタイラー・ネークイン、コリン・モラン、カイル・ファーマーのタイムリーなどで一挙5点を先制。1点を返された直後の5回表にはタイラー・スティーブンソンが1号ソロを放ち、グリーンに援護点をプレゼントした。グリーンは「ホームのような感覚で投げられた。楽しみたいと思ってマウンドに上がったけれど、快適に投げることができたよ。今日は本当に幸せだ」とメジャー初登板を振り返った。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる