マンC、2ndレグはスコアレスも 2戦合計でアトレティコ下しCLベスト4進出

 UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグが13日に実施され、アトレティコ・マドリードとマンチェスター・シティが対戦した。

【CLプレビュー】完封負けも希望を残したアトレティコ 不屈の魂で逆境を乗り越えろ

 アトレティコが5-5-0の超守備的フォーメーションを敷いた1stレグでは、ケビン・デ・ブルイネのマンCが先勝。アトレティコがホームの2ndレグでは、両チームが攻めの姿勢を見せる。拮抗した展開で多くのチャンスを得たのはアウェイのマンC。イルカイ・ギュンドアンのシュートがポストに直撃するなど、決定的なチャンスを創出しゴールに迫る。

 後半に入るとアトレティコもファイナルサードまで進入する場面が増え、どちらが先制点を奪ってもおかしくない状況に。しかし時間が進むにつれ球際の競り合いが激しくなり、度々プレーが止まりこう着状態に陥る。すると後半アディショナルタイムに、アトレティコのフィリペが2枚目のイエローカードで退場処分に。結局スコアレスドローに終わり、2戦合計1-0でマンCがベスト4進出を決めた。

 Photo Soccrates Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる