マンUでプレー機会激減のイガロ…今月いっぱいでレンタル満了も「出来ればここにいたい」

 マンチェスター・ユナイテッドのナイジェリア代表FWオディオン・イガロは、リーン延長を希望している。

 31歳イガロは今シーズン、エディンソン・カバーニの加入で序列を落とし公式戦4試合の出場に留まる。今月いっぱいでレンタル期間が満了となり上海申花に帰還が予定される中、イガロはイギリス『ESPN』のインタビューで「月末にはどこのクラブにいるか分からない」と去就に言及した。

フォス=メンサーが3年半契約でレバークーゼンに加入 リンガードはレンタル移籍直近に

「可能であればここに残りたいけど、そうでなければ去らなければならない。エージェントの報告を待つ。彼は自分の仕事をしていて、僕も自分の仕事をするんだ。月末には何が最善が決定しなければならない。MLSにも興味があるけど、待つ必要がある。僕はプロでトレーニングを行ってベストを尽くすだけだ。チームはうまくいっているし、それが一番大事な事だよ」。

photo – Michael Regan

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる