EL敗退のバルセロナ、無得点で昨年12月以来のリーグ戦敗北…

 ラ・リーガ第32節が18日のマンデーナイトに行われ、バルセロナがホームにカディスを迎えた。

鎌田大地が決勝点アシスト!フランクフルト、衝撃の3得点でバルセロナを撃破

 優勝候補に挙げられたUEFAヨーロッパリーグで、無念のベスト8敗退に終わったバルサ。ショックを振り払うため今試合ではELから複数選手を入れ替え、センターフォワードはメンフィス・デパイが務めた。先制点を決めて試合を優位に進めたいバルサだったが、カディスの狙ったコースにパスが誘われカウンターに遭う場面が散見。ネットを揺らすことが出来ず、スコアレスで試合を折り返す。

 本拠地カンプ・ノウに焦燥感が漂う中、後半開始間もない48分にクロスからカディスのルベン・ソリアーノにシュートを打たれる。これはGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンがセーブするものの、波状攻撃から最後はルーカス・ペレスに先取点を許してしまう。その後はピエール=エメリク・オーバメヤンやルーク・デヨングを投入してゴールを狙うが、最後まで得点は生まれずタイムアップ。0-1でリーグでは約4ヶ月ぶりの敗戦を喫した。

Photo Eric Alonso

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる