先発投手・大谷翔平が登板前に2打席 少なくとも1900年以降でメジャー初の珍事

 日本時間4月21日、エンゼルスの大谷翔平は敵地ミニッツメイド・パークでのアストロズ戦で今季3度目の先発登板に臨んでいる。アストロズ先発のジェイク・オドリッジの乱調もあり、エンゼルスは1回表の攻撃で打者11人を送り込んで6点を先制。メジャーリーグの公式記録を扱うエライアス・スポーツ・ビューロー社によると、先発投手がマウンドに上がる前に2度打席に立つのは、少なくとも1900年以降でメジャー初の珍事となった。

 1回表のエンゼルスは先頭の大谷が四球で出塁し、テイラー・ウォードのヒットとジャレッド・ウォルシュの四球で無死満塁のチャンス。ここでアンソニー・レンドンの押し出し四球とブランドン・マーシュのタイムリーでまず2点を先制した。

 マックス・スタッシとジョー・アデルは二者連続三振に倒れたが、タイラー・ウェイドの押し出し四球で3点目。投手がオドリッジから2番手ブレイク・テイラーに代わったものの、アンドリュー・ベラスケスのファーストゴロが一塁ユリ・グリエルのエラーを誘い、タイムリーエラーで4点目が入った。

 そして、打順が1巡して大谷に戻り、左翼フェンスを直撃する2点タイムリー二塁打。ウォードがセカンドフライに倒れ、ようやくエンゼルスの攻撃が終了した。

 1989年8月3日(現地時間)のアストロズ戦でレッズの先発投手トム・ブラウニングが初回に2度打席に立ったケースがあったものの、レッズは裏の攻撃(打者20人を送り込んで大量14得点)だったため、ブラウニングはすでにマウンドに上がっていた。マウンドに上がる前に2度打席に立った先発投手は、少なくとも1900年以降では大谷が初めてとなった。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる