未契約の元メッツ・コンフォートが肩の手術で2022年シーズンを全休へ 来春の復帰を目指す

 メジャーリーグ公式サイトのマーク・フェインサンド記者が関係者から得た情報によると、契約が決まらずにFA市場に残ったままとなっているマイケル・コンフォートが肩の手術を受け、2022年シーズンを全休することが決まったようだ。コンフォートは昨季終了後、メッツからのクオリファイング・オファーを拒否してFA市場に打って出たものの、今年1月のトレーニング中に右肩を負傷。患部の回復を待ち、未契約の状態が続いていたが、結局手術を受けることになり、「浪人」することが確定した。

 現在29歳のコンフォートは2014年ドラフト1巡目(全体10位)指名でメッツに入団し、2017年から3年連続で27本塁打以上を記録するなど強打の外野手として活躍。2017年はオールスター・ゲームにも選出され、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で短縮シーズンとなった2020年も打率.322、9本塁打、31打点、OPS.927の好成績を残した。

 ところが、FAイヤーの昨季は125試合に出場して打率.232、14本塁打、55打点、OPS.729と低迷。右ハムストリングの故障で5月中旬から1カ月以上戦列を離れた影響もあり、不本意なシーズンを過ごした。それでもFA市場では代理人のスコット・ボラスの方針もあり、強気の姿勢を貫いていたが、契約が決まらないままロックアウトに突入。そのロックアウト期間中に右肩を負傷し、患部の回復後に各球団との契約交渉を再開したが、最終的には手術を受けて来季に備えることを選択した。

 関係者の話によると、コンフォートは来春のスプリング・トレーニングを健康な状態で迎えられる見込みだという。なお、今オフのクオリファイング・オファーは今年7月のドラフトが終了すれば効力を失うため、各球団が今年のドラフト以降にコンフォートと契約した場合、ドラフト指名権の補償や喪失は発生しない。

 メッツからの年俸1840万ドルのクオリファイング・オファーを蹴ったコンフォートは、結果的には無所属のまま1年を過ごすという「代償」を支払うことになってしまった。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる