天下分け目の頂上決戦!伝統のダービーを制するのは果たして… 〜第19節プレビュー〜

 ケガ人続出で躓いたリバプールを追い抜いたのは、盟主復権を狙うマンチェスター・ユナイテッド。天王山となった“ナショナル・ダービー”で、勝鬨を上げるのはどちらの赤いクラブか。

欠場者情報
リバプール
・エバートンとのダービーで前十字靭帯を損傷したフィルジル・ファン・ダイクは、今シーズン絶望に。 ・昨年12月に筋肉系の負傷を負ったナビ・ケイタは、マンU戦欠場となった。

マンチェスター・ユナイテッド
・オーレ・グンナー・スールシャール監督は前日会見で、ほとんどの選手がリバプール戦に臨めるとアナウンス。欠場はブランドン・ウィリアムズとフィル・ジョーンズだけだ。

3年4ヶ月ぶりに首位浮上のマンU、スールシャールがリバプールとの天王山に意気込み「準備はできている」

マッチプレビュー
リバプール
 プレミアでのホームゲームでマンUに2連勝中のリバプールは、今節も白星を挙げれば2011年3月ぶりの3連勝に。 ただリバプールはリーグ直近3試合で勝ちから遠ざかっており、2戦連続ノーゴール中。4戦連続勝利なしは2017年2月、3戦連続ノーゴールは2005年3月ぶりとなる。またユルゲン・クロップ監督はリバプール就任プレミア200試合目となり、レッズで同試合数率いた指揮官では最多の勝利数だ。

マンチェスター・ユナイテッド
 プレミアでの“ナショナル・ダービー”では4戦勝利なしのマンU。今節も白星を逃せば、2000年3月〜2002年1月まで続いた最長記録に並んでしまう(5戦未勝利)。またマンUがリーグ首位でリバプール戦を迎えるのは、サー・アレックス・ファーガソン政権の2013年1月ぶりに。当時はレッドデビルズが駆け抜けリーグタイトルを獲得した。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる