元マンCのテベス、古巣とレアルのCL準決勝に自身の見解「レアルこそマンCを警戒すべき」

 元マンチェスター・シティのカルロス・テベスは、レアル・マドリードこそ対戦を心配すべきと自身の見解を述べた。

【CLプレビュー】2季連続ファイナル進出を狙うマンC 最多優勝誇るレアルを迎え撃つ

 UEFAチャンピオンズリーグ準決勝で、プレミアリーグ首位マンCとラ・リーガ首位レアルが激突。2020年CLラウンド16で対戦した際にはマンCが両レグで勝利を収めており、テベスは『マンシティ.コム』のインタビューで、レアルこそ細心の注意を払うべきと警鐘を鳴らしている。

「この10年でマンCがどうなったかを見るのはとても喜ばしいことだね。リーグで中位を戦っていたのが、今ではヨーロッパ最大手と対等に争っているんだ。もう完全に認識を改めないとね。レアルはマンCとの対戦を気にしなければならない。これは今のマンCが持っているアドバンテージだ。CLを制覇するのはまだ出来ていないけど、レアルや前回のアトレティコ・マドリードと対等に争っているのは重要なことだね。準決勝は厳しい戦いになるだろう。このような状況ではより勝利への意欲を見せた方が勝つ」。

Photo Alex Livesey

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる