メッツが球団史上2度目のノーヒッター 先発のメギルら5人のリレーで快挙達成!

【フィリーズ0-3メッツ】@シティ・フィールド

 メッツは故障中のジェイコブ・デグロムの代役として開幕ローテーション入りを果たしたタイラー・メギルが5イニングを無安打無失点に抑える快投を披露。その後に登板した4人のリリーバーもフィリーズ打線に最後までヒットを許さず、見事に継投ノーヒッターを達成した。メッツのノーヒッターは2012年6月1日(現地時間)のヨハン・サンタナ以来2度目であり、継投ノーヒッターは球団史上初。今季メジャー初のノーヒッター達成となった。

 先発したメギルは5回88球を投げて奪三振5、与四球3のノーヒット投球。2番手のドリュー・スミスが1回1/3、3番手のジョエリー・ロドリゲスが1イニング、4番手のセス・ルーゴが2/3回、そして9回表に登板した守護神エドウィン・ディアスが1イニングを三者連続空振り三振に仕留め、球団史上2度目となるノーヒッターを完成させた。

 メッツ打線は5回裏にジェフ・マクニールのタイムリーで2点を先制。6回裏にはピート・アロンソが4号ソロを放ち、好投を続ける投手陣を援護した。メッツ先発のメギルは開幕から無傷の4勝目をマーク。フィリーズ先発のアーロン・ノラは6回7安打3失点で今季3敗目(1勝)を喫した。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる