エムバペが2G1Aの活躍も…PSGが川島永嗣のストラスブールと劇的ドロー

 リーグ・アン第35節が29日に行われ、パリ・サンジェルマンが川島永嗣のストラスブールの敵地に乗り込んだ。

メッシが鮮やかミドル弾!PSGが2シーズンぶり10度目のリーグ制覇!

 前節に2シーズンぶり10度目のリーグ制覇を果たしたPSG。今夏に監督や選手の去就が囁かれる中、今試合では開始3分にストラスブールにいきなり先制点を許してしまう。それでも23分に、ネイマールがピッチ中央からディフェンスラインの背後にスルーパスを送ると、抜け出したキリアン・エムバペがペナルティエリア内に進入。GKの股を抜くシュートを沈め、PSGがスコアをタイに戻す。

 不安定だった立ち上がりから完全に息を吹き返したPSGは、64分に再びネイマールのパスにエムバペが抜け出し、最後はアシュラフ・ハキミが逆転弾をゲット。4分後にはGKへのバックパスを奪ったエムバペが独走状態となり、右足で流し込み今シーズン24点目を決める。勝利ムード漂うPSGだったが、その後はストラスブールの猛反撃に遭い、75分にマルコ・ヴェッラッティがオウンゴールを献上。後半アディショナルタイムには劇的ゴールを喫し、3-3のドローに終わった。

Photo Catherine Steenkeste

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる