ラングニックがオーストリア代表監督に就任 マンUのコンサルタントと兼任に

 マンチェスター・ユナイテッドのラルフ・ラングニック暫定監督は、オーストリア新指揮官就任が決定した。

トップ4遠のくマンU…ラングニックはCL出場権問われ「今話しても意味がない」

 オーストリア・サッカー協会は29日に、ラングニックと2024年までの契約締結を発表。オーストリアがEURO2024に出場を果たせば、さらに2年間の契約更新が条項の含まれていると伝えた。ラングニックはオーストリア・サッカー協会の公式サイトで、「監督を引き受けることになり、とても光栄に思う。特に成功に貪欲な若いチームと共にドイツで開催されるEUROを目指すのを楽しみしている」と語っている。またラングニックは予定通り、エリク・テン・ハーグ監督就任が決定したマンUにコンサルタントとして残る予定。「エリクとはまだ話をしてないが、契約や仕事の内容、コンサルタントとしての役割について役員会と話した」と伝えた。

Photo Matthew Ashton – AMA

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる