リバプールがケイタ弾で完封勝利!マンCは4発圧勝で首位堅守

 30日にプレミアリーグ第35節が行われ、リバプールがニューカッスル・ユナイテッドと激突。マンチェスター・シティがリーズ・ユナイテッドの敵地に乗り込んだ。

【PLプレビュー】シーズンもいよいよ佳境に!リバプールやマンCは敵地で勝ち点獲得なるか

ニューカッスル・ユナイテッド vs リバプール
 UEFAチャンピオンズリーグとのスケジュールを並行にこなすため、モハメド・サラーなど主力選手がベンチスタートとなったリバプール。19分にナビ・ケイタがディオゴ・ジョッタとのパス交換でペナルティエリア内に進入すると、GKを交わして先取点を奪取する。その後はニューカッスルのカウンターにヒヤリとする場面こそあったものの、リバプールが最後までリードを守り切り1-0で完封勝利を収めた。

リーズ・ユナイテッド vs マンチェスター・シティ
 同節にリバプールが勝利したため、引き分け以下で首位交代となるマンCは、13分にCKからロドリがヘディングで先制弾を挙げる。さらに54分には再びCKからネイサン・アケーが追加点を決めると、78分にはガブリエウ・ジェズスが公式戦3試合連続ゴールをゲット。後半アディショナルタイムにはフェルナンジーニョがミドル弾を叩き込み、マンCが残留争い演じるリーズを4発粉砕した。

Photo Chris Brunskill/Fantasista

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる