10連覇達成のバイエルンが敗戦…ドルトムントは浅野2Aのボーフムに4失点黒星

 ブンデスリーガ第32節が30日に開催し、バイエルン・ミュンヘンがマインツと対決。ボルシア・ドルトムントがホームに浅野拓磨のボーフムを迎えた。

バイエルンが前人未到のブンデス10連覇!ドルトムントとの“デア・クラシカー”制し優勝決める

マインツ vs バイエルン・ミュンヘン
 前節に前人未到のリーグ10連覇を成し遂げたバイエルンは、気の緩みからか軽率なプレーに終始。18分に先制点を決められると、27分には追加点を許してしまう。反撃に出るバイエルンは33分に、ロベルト・レバンドフスキが華麗なターンから今シーズン34得点目をゲット。しかし57分にダメ押し弾を献上し、1-3で敗れリーグ連勝が5でストップした。

ボルシア・ドルトムント vs ボーフム
 開始早々から攻め込まれるドルトムントは、3分に浅野のアシストから先制点を献上。5分後には再び浅野のお膳立てから追加点を喫してしまう。2点ビハインドを背負ったドルトムントは、18分と30分にアーリング・ハーランドが立て続けにPK弾を決めると、62分には左足で押し込んでハットトリックを達成。しかし終盤にボーフムに猛反撃を受け、最終スコア3-4で逆転負けとなった。

Photo Joosep Martinson

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる