フランクフルトが初のEL決勝進出!18日にレンジャーズと激突

 UEFAヨーロッパリーグ準決勝2ndレグが5日に行われ、アイントラハト・フランクフルトとウェストハム・ユナイテッドが対戦。レンジャーズがホームにRBライプツィヒを迎えた。

【ELプレビュー】欧州の舞台でホームに強いフランクフルト 大会無敗で決勝進出なるか

アイントラハト・フランクフルト vs ウェストハム・ユナイテッド
 ノックアウトラウンドの準決勝でのホームで安定した成績を残すフランクフルトは、19分にウェストハムのアーロン・クレスウェルが一発退場となり数的優位を得る。すると26分に、アンスガー・クナウフがペナルティエリア右からラストパスを供給。ラファエル・ボレが右足で合わせ、フランクフルトが貴重な先制点を挙げる。終始ウェストハムを寄せ付けなかったフランクフルトが、2戦合計3-1で初のEL決勝進出を決めた。

マルセイユ vs フェイエノールト
 敵地で完封負けしたレンジャーズは、18分に大会トップの得点数を誇るジェームズ・タバーニアが先制点をゲット。24分にはグレン・カマラが狙い澄ましたミドルで貴重な追加点を挙げる。70分にライプツィヒに決められ2戦合計が同点となった80分、ゴール前の混戦からジョン・ランドストラムが得点を奪取。ホームで驚異の追い上げを見せたレンジャーズが、2戦合計3-2でファイナルにコマを進めた。

Photo Matthias Hangst

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる