エムバペの母親、PSGとの契約延長報道を完全否定「全くのウソ」

 キリアン・エムバペの母親ファイザ・ラマリ氏は、パリ・サンジェルマンとの契約延長締結を否定した。

PSGがエムバペ残留に尽力 総額約300億円のメガオファー提示か

 フランス紙『ル・パリジャン』によると、今週に入ってエムバペの両親とPSGの話し合いが急速に発展していき、契約延長の書類にサインが間近に迫っていると報道。新契約では、エムバペの年棒が2シーズンで5000万ユーロ(約69億円)に、さらにもう1シーズンの延長オプションが付随していて、契約時に1億ユーロ(約137億円)のロイヤリティボーナスが用意することで同選手を納得させたと伝えている。しかしラマリ氏は『ル・パリジャン』に報道に対し、「キリアンが契約を更新したというのは完全に嘘」とスペイン紙『マルカ』のインタビューで発言。一方でレアル・マドリード移籍の可能性も示唆しており、正式発表まで情報が錯綜しそうだ。

Photo John Berry

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる