インテルが2点差ひっくり返す逆転勝利 ユベントスは残留争うジェノアに痛恨の敗戦

 6日のフライデーナイトにセリエA第36節が行われ、インテルがエンポリと対戦。ユベントスがジェノアとの一戦に臨んだ。

ミランがウノゼロで首位堅守!インテルは点差守り切り2試合ぶり勝利

インテル vs エンポリ
 開始5分にいきなりエンポリに先制点を喫したインテルは、28分に追加点を許し苦しい展開を強いられる。それでも、40分にオウンゴールで反撃の狼煙を上げ、45分にラウタロ・マルティネスがボレー弾を決め前半の内にスコアをタイに戻す。すると64分に、ラウタロが再びボレーを放ちドッピエッタ(1試合2得点)を達成。後半アディショナルタイムにはアレクシス・サンチェスが花を添え、インテルが4-2で逆転勝利を果たした。

ジェノア vs ユベントス
 スコアレスで折り返したユーベは後半開始間もない48分に、今シーズンいっぱいで退団濃厚のパウロ・ディバラがペナルティエリア手前から右足ミドルを決める。このままユーベの勝利かに見えた87分、激しい残留争いを演じるジェノアに同点弾を献上。さらに後半アディショナルタイムに劇的PK弾を決められ、ユーベが1-2で痛恨の逆転負けを喫した。

Photo Marco Luzzani

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる